フェラーリ488GTB&スパイダーの試乗会にコーンズへ行ってきた♫ 〜前編〜

 

今日は午前中にちょっと仕事をして、その後名古屋のコーンズまで行ってきました♫
言っていたフェラーリ488の試乗会に参加するためです(^_^)

天気も良くて最高でした!
結局自分では運転せずに横乗り試乗にしました。
理由は自分で運転してもビビってしまい思いっきりの運転はできず本当の性能を確認できない可能性があると考えました。
その点、セールスの方なら運転し慣れてますし僕が運転するよりも性能を引き出してくれるのではないかと思いました。
まぁぶつけたら弁償ってのが頭によぎってビビったっていうのもあるかもしれません(^_^;)
360モデナに乗っていたと言っても今のV8フェラーリは4000万ですからね・・・。
自分の車であれば運転できても人の車だと思うと結構ビビるもんですよ(笑)
僕みたいな横乗り試乗の方も多いと言ってましたしね♫

試乗は488スパイダーとGTBの両方に乗せて頂きました。
488スパイダーの方が僕が申し込む前に予約がいっぱいになっていたみたいで488GTBの試乗枠が確保されていたんですがたまたま488スパイダーの方がその時間の予約をキャンセルされたみたいでスパイダーにも試乗できることになったんです(^_^)ラッキーでした♫

スポンサーリンク

フェラーリ488GTB&スパイダーの簡単な解説

まずはフェラーリ488シリーズの簡単な解説から入りたいと思います。
皆さんご存知でしょうが488は僕が乗っていたF355、360モデナなどのV8フェラーリシリーズの最新型です。
458シリーズの後継として2015年のジュネーブモーターショーで発表されました。458シリーズからの一番の変更点は何と言ってもまずエンジンのターボ化です。458 のV型8気筒は4.5Lユニットでしたが488は排気量を3.9Lへと縮小されターボ化されています。
最高出力は578PS→670PS、最大トルクは540Nm→760Nmとターボ化の恩恵を受け大幅に向上しています。

ちなみに488というネーミングは『1気筒当たりの排気量が488cc』であることに由来しています。

488GTBの車体のサイズは4568×1952×1213mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2650mmで乾燥重量は1370kgです。価格は3070万円となります。
スパイダーに関しては乾燥重量1420kgとルーフ機構の重量分でGTBと比較して50kgほど増加しています。670psもあれば公道を走る分にはこの差は全く影響ないですね(^_^;)価格は3450万円になります。
スパイダーにはGTBではオプションのHiFiサウンドシステムが標準であったりほとんどの方がつけるはずのサスペンションのフロントリフティングシステムなどが標準装備なので実際には250万くらいの価格差でしょうか。

ここにオプション代、諸費用が入るので総額4000万ですね(^_^;)
360モデナの2倍の価格でこの20年弱で随分値上がりしましたね・・・(笑)
次の488シリーズの新型は一体いくらになるのでしょうか??
このぐらいの値段で上げ止まってくれるといいんですが♫

久しぶりのセールスの方との再開

360モデナに乗っていた時は学生でしたし時間もあったのでこういった試乗フェアなどがあった際には頻繁にお邪魔していました。
ですが、フェラーリを売却して働き出すと時間もなくなりフェラーリもないで行く機会もなくなってしまいました。
なので今回コーンズにいったのは5,6年ぶりくらいでした。

名古屋のコーンズのショールームは栄にあったのですが2015年3月に元々あった千種区にショールームが移転となっていました。
このことも知らず今年名古屋に行って初めて気づいたのでそれほどフェラーリから離れていたということですね(^_^;)

栄のショールームの時には通りがかりに人でたまにフェラーリを見学したくてショールームに入ってくる方もいました。
ですが千種のショールームはなかなか通りすがりでは入りづらい雰囲気をしています(^_^;)
見学したい方は予約など連絡してから伺った方がいいと思われます。

ショールームに入ると中古の458とF12は置かれていました。
本来、1Fは現行型のフェラーリを展示する場所だそうですが納車待ちのフェラーリが多すぎて展示する車もなく仕方なく中古車を展示しているとのことでした。

現在488で1年半待ち、先日日本でも発売された812スーパーファストはすでに3年待ちということです(^_^;)すごい人気ですね!!
812スーパーファストは最後のV12自然吸気エンジンになるかもしれないとの噂ですので皆さん競争となっているのかもしれませんね。
僕がショールームにいる間にも812スーパーファストを商談中の方がいました♫

でもまだオプション価格などもわかっていない状況で3年待ちとはちょっとびっくりですね。

受付の女の子に招待状を渡して担当セールスを呼んでもらいます。
久しぶりにお会いした担当の方は白髪が混じりダンディーな感じになっていましたがお話しすると以前の物腰の柔らかい感じは変わらずでした♫

近況などを話して次期型488の購入も検討していることを伝えました。
フェラーリは現金一括で皆さん買っていると思っている方も多いと思いますが以前に書いたように現在はフェラーリは残価設定75%ローンを取り扱ってますのでこのローンを利用して購入される方も多いようです。
ただしこのローンには審査がありますので通らないと購入できません。
なので僕もこのローンに通らないと次期型488購入は難しくなりますね・・・。
通してくれるといいんですが(笑)
4000万のフェラーリをローンを利用しないでも買えるようになれるよう頑張りますが(^_^)

で本来14:00からの試乗枠を確保して頂いていたんですが前倒しで13:00頃から試乗させて頂けることに♫

スポンサーリンク

フェラーリ488GTBがいよいよ登場

フェラーリ488を実際に見るのは実は2回目です。
5月のaf imp carnivalの時に展示されていた車の中に488も数台いました。
ですが買えない車を見るのは悔しいのであまり見ないようにしていました(^_^;)
この時には75%残価設定ローンがあるのを知りませんでしたので。

なのできちんと直視して見るのは今回が初めてです(笑)

ショールーム前に回された488GTBは黄色でした♫

現れた488GTBはとりあえず文句なくかっこいい!!!

写真で見る限りはサイドのエアインテークが目立つくらいで458と大差ないのかなと思っていますがやはりさすがフェラーリです。
実物は全く458と違う印象を受けます♫

フロントスポイラーはナマズのヒゲのようなスポイラーが付いていた458と比べるとシンプルになっているんですが大型化して開口部も大きくなっています。
僕個人的な意見では488のフロントフェイスの方が好きです(^_^)

サイドには458にはなく488の特徴となっている大型のエアインテークが追加されています。
ここがえぐれていてドアのプレスは結構すごいことになってましたね♫
かっこいいです!サイドミラーからもこの部分が見えるので488のお気に入りポイントとなりました。
マイナーなところではドアノブが458までと変わっていて複雑な形になっていました。

あとこの488GTBではサイドスポイラーとルーフが黒になっていることで車体がより薄く見える効果があると思います。最近のフェラーリでは流行していますね。458でもこちらのオプションは選べました。
僕も購入するならば是非このオプションは装着したいと考えています(^_^)

リアは比較的458と違いがないかなと思いましたが458に特徴的だったマフラー3本出しが2本になっています。
あと488のコンフィギュレーターをしている時にスポーツエグゾーストのオプションを装着していたのでどんな音になるんだろうと期待して担当さんに聞いたのですが何と、

見た目が黒くなるだけで音質は変わりません(^_^;)

エエーーーーー:*+.\(( °ω° ))/.:+

っていう感じでした(笑)

続いて内装編です♫

はい!これだけです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

写真いっぱい撮ってきます(*゚▽゚*)って言ってたんですが488に興奮しすぎてあまり撮らずに帰ってきてしまいました(^_^;)すみません・・・。

内装は488スパイダーの写真になりますが基本的には488GTBと同じなのでいいですよね!?

360モデナの時代と比べると質感も段違いによくなっています。
プラスチックもベタベタにならないんじゃないでしょうか(笑)
各部の造形も凝っていて素直にかっこいいですね♫

色の組み合わせも僕が考えている配色に近かったので参考になりました(^_^)

ということで僕のつたない感想で申し訳ないですが外観に関してはもう100点ですね♫
ポルシェGT3もこのフェラーリの色気は絶対に出せないと思います!
外観は僕としてはフェラーリの圧勝でした( ^ω^ )

では長くなってきましたので実際の試乗しての感想はまた次回に!!

これまでの記事も読みたい方はこちらからどうぞ♫
⬇️
記事一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA