ポルシェ991GT3RSを眺めながら暮らせるガレージハウスを建てよう♬〜ヘーベルハウス第3回打ち合わせ編〜

第5弾ブログはポルシェ991GT3RSを眺めながら暮らせるガレージハウスのヘーベルハウス第3回打ち合わせ編になります。

スポンサーリンク

ヘーベルハウスとの第3回打ち合わせ

12月3日の午前中に積水ハウスとの打ち合わせした後、午後からヘーベルハウスとの第3回打ち合わせがありました。
前回のブログで書いたように積水ハウスからの提案がかなり微妙だったので若干テンションが下がったままヘーベルハウスの住宅展示場に車で向かいました(^_^;)

ヘーベルハウスの打ち合わせ時間まで少し余裕があったので念のためヘーベルハウスの打ち合わせ会場にあるイズロイエを見学して玄関を確認しました。
奥さんの言うように午前中に提案を受けた玄関に近かったので参考になりました。

そして娘も楽しめるようにビンゴ大会に参加してみました♬
すると3人目にビンゴして無事に欲しかったピカチュウのお菓子缶をもらっていました(^ ^)
晴れ女ですしうちの娘は強運の持ち主かもしれません(笑)

完成したヘーベルハウスの間取り・パースは!?

予約時間になったのでヘーベルハウスのモデルハウスに向かいます。
席につくと営業Sさんから「すごいプランができました!絶対楽しい打ち合わせになるので期待していて下さい!」と自信満々でした(笑)
僕は積水ハウスからの微妙な提案を受けて疑心暗鬼になっていたので素直に喜べませんでした(^_^;)


プランは設計士のHさんから間取り図を使って説明してもらいました。
この説明なのですが、ガレージから玄関、寝室まで1つ1つどういったコンセプトで配置しデザインしたのか丁寧に説明頂けました♬
そしてこの1階の間取りなのですが1回目のプランにしてほぼ文句のつけようのない完璧な間取りになっていたのです。
そこに営業Sさんの補足説明が適宜入ります。
SさんとHさんは全然キャラが違うのですが、帰り道奥さんもあのコンビでよく上手くいっているなと感想を漏らしていました(笑)

ちょっと気になったのが全体的に部屋の広さがゆったりしているかな?という事でした。
1階間取りが良すぎたので2階の間取りをはやく見たいと思っていましたが妻も同じように思っていたようです(^ ^)

2階の間取りもよく考えられていて無駄な廊下がないのに動線がよく考えられていてほぼ完璧でした!
将来を見越してエレベーター設置スペースを要望していたのですが、ただ納戸として準備されていたのではなく、必要になるまでは子供部屋のWICとして機能するように配置されていました。
これも積水ハウスからはなかった提案なので感動しました。
その他にも将来2つの子供部屋をつなげ寝室として利用すれば2階のみで生活できるように設計してもらってありました♬
正直、積水ハウスのAさん以上の間取りは出てこないだろうと期待していなかったのですが1回目の提案にも関わらず僕の要望書を反映させた上でさらにプラスアルファの提案をしてきてくれました!

続いて外観です。
僕の要望はFREX2のイメージパースのまま60坪前後で間取りだけを変更して下さいと伝えていました。

見せられた外観パースは大きくはなっていますがほぼこのイメージ通りです(^ ^)
こ、これはカッコいい♬最高!となりました(笑)
このイメージパースより僕のガレージハウスは20坪程大きくなっているので邸宅感がプラスされました!

ただ気になる事もありました。
説明の途中で延床面積について説明があり70坪程度になってしまっているという事・・・
やっぱりゆったりした間取りに感じたのは坪数が大きくなっているためでした。

楽しすぎてあっという間に2時間が過ぎていましたが、ここから肝心のお金の話です。
積水ハウスの見積もりの件もあり、今回奥さんは1回目の打ち合わせの際に本来の予算より1000万低い予算を伝えてあり、その予算内に絶対にして欲しいと希望していたようです。
僕達は積水ハウスの時にも65坪の提案をすごく気に入った後、見積もりでかなり落胆させられた経緯があったので今回も同じなんだろうと心の中で疑っていました。
現に見積もりの概算金額の発表前に営業Sさんからは「Unachanさんはどのくらいまで実際は予算頑張れそうですか?」と聞かれる始末・・・
この時点でGT3RS1台分以上の予算オーバーで楽しくない話になっていくのかなとややテンションも下がり気味に(^_^;)

でいよいよ概算ではありますが見積もりの発表です!
その額としては予算を1000万低く伝えていた事もあって高くても予算+500万程度くらいに落ち着きそうな感じでした♬♬
奥さんと顔を見合わせて「これは何とかなるんじゃない!?」とお互いにアイコンタクトで確認し合いました。
ですが営業Sさんはこの動きをヘーベルの見積もりが高過ぎると受け取ったようです。
積水ハウスより正直見積もりは高いかと思いますが、ヘーベルハウスとしても価格面でもできるだけ頑張らせて頂きますと言われました(^_^;)
僕はこの時点でこ、これは好都合かもとぶっちゃけ思いました(笑)
予算オーバーなので外構なんかも他で頼んでもいいですか?と尋ねると全然構いません!との事♬
値引きなんかも含めれば予算内に収める事もできるんじゃないかと期待できる程でした(^ ^)

実際の正確な見積もりは12月11日に提示してもらう予定となりました。
それを見ないと判断はできませんがかなり心はヘーベルハウスに傾きました。
Sさんから積水ハウスで60坪なら〜千万くらいですよね?と探りを入れられましたが実際はヘーベルハウス案の概算金額よりさらに1000万以上高いのです・・・
60坪で軽量鉄骨なのに・・・ヘーベルハウスは70坪で重量鉄骨ですよ(^_^;)

ただヘーベルハウスにも個人的な事で気になる点もあったのでそちらについては次回の打ち合わせで回答をもらう事になりました。
そしてたまたまHさんが設計した億越えのガレージハウスが隣町に完成したようですのでオーナーさんのご好意もあって12月12日に見学させて頂ける事になりました。
僕とよく似た好みのオーナーさんのようで絶対に参考になりますよ!とSさんから提案して頂けました♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください