フルモデルチェンジした新型CLSとA7のグレード、スペックを比較!AMG、RSシリーズも追加予定!?

最近、研究の方が忙しくてブログが書けない状況です( ;∀;)
100記事を越えてからは一気にペースが落ちてしまっていますが何とか150記事まで到達しました♪
次は200記事が目標ですね!
今のペースだと達成がいつになるか分かりませんがゆっくりでもいいので書いていこうと思っています。

アウディA1のカスタムが忙しくてCLS編の最後で止まってしまっていますが、ML63編も残っていますしA1編が落ち着いてこれば書く予定でいます。
まだまだA1についてネタがたくさんある状態なので先のことになりそうですが(^_^;)
途切れ途切れになるよりはML63編もまとめて書きたいと思っています♪

さて今回は前回の記事の続きで新型CLSとA7のグレード、スペックについて比較したいと思います。

スポンサーリンク

新型CLSとA7のグレード・スペックを比較

前回は皆さんが一番購入時に重要視すると思われる外観について新型CLSとA7を比較する記事を書きました。
今回はその中身であるグレード・スペックを比べてみたいと思います。
外見だけ重視して購入すると中身を見てガッカリなんてことになると大変ですから!結婚相手選びと同じです(笑)

前型のW218型CLSでは当初、CLS350では自然吸気 3.5L V6エンジンでしたが、後期型でターボエンジンに変更されました。CLS63は元々V8ツインターボエンジンでしたね♪
A7は3.0L V6スーパーチャージャーで、RS7はCLS63と同様にV8ツインターボエンジンでした。排気量はAMGが5.5LでRS7が4.0Lと差はありましたが。

今回はどうなっているのでしょうか!?
まずは新型CLSから見てみましょう♪

日本にどのグレードが入ってくるかは分かりませんが今回発表されたグレードは3グレードあります。

①CLS 350d 4MATIC 直列6気筒ディーゼルエンジン 最高出力286ps
           最大トルク600Nm

②CLS 400d 4MATIC    直列6気筒ディーゼルエンジン 最高出力340ps 
           最大トルク700Nm

③CLS 450 4MATIC    直列6気筒ターボエンジン+48Vモーター 
                                     最高出力367ps  + 22ps 最大トルク500Nm + 250Nm

目新しいのはまず直列6気筒エンジンが復活しました。排気量は3.0Lで最高出力は367ps、最大トルク500Nmです。
この新開発のターボエンジンに『EQ Boost』というハイブリッドシステムが組み合わされ、最高出力22ps、最大トルク250Nmが上乗せされアシストします。目的は燃費の向上で発進加速時にアシストする他、エンジンを停止して惰性で走行させ燃費向上させてるようです。
トランスミッションは9速ATで0-100km/h加速は4.8秒、燃費は7.5L/100km(13.3km/L)と発表されています。
前型のW218型CLSが0-100km/h 加速が6.1秒だったのでスペックも確実に向上していますし、燃費に関してもよくなっていますね♪

ディーゼルエンジンに関してもどちらかのグレードは輸入されるのではないでしょうか?
W218型も後期モデルよりCLS220dとして販売されるようになり価格も比較的安くなっており購入しやすいグレードとなっています。
最近のディーゼルはディーゼルエンジンの悪い部分が目立たず、逆にトルク感であるとか高燃費であるとか良い部分が目立つようになってきているので選択肢の1つにしてもいいのではないでしょうか(^_^)

次に新型A7のグレード・スペックについて見てみましょう。

A7に関しては現在発表されているのは1グレードのみになります。
ただ他のグレードも開発されているようですので遅れて追加される可能性はあると思います。

①3.0L  V6ターボエンジン 最高出力340ps 最大トルク500Nm

新型A7にもCLSと同様、マイルドハイブリッドシステムが搭載されるようです。トランスミッションはデュアルクラッチである7速Sトロニックが組み合わされます。
駆動系としては4輪駆動システムであるクワトロが組み合わされが組み合わされ、0-100km/h加速は5.3秒となっています。 燃費は6.8リッター/100km(約14.7km/リッター)と発表されていてCLS450とほぼ同等の性能となっています。そして車名にベンツのAMGモデルのような「55」という数字が付き「A7 スポーツバック 55 TFSI クワトロ Sトロニック」と呼ばれるようです(^_^;)
自動車メーカーは55が好きなようです(笑)

まぁスペックも含めて新型CLSとA7はガチンコ対決です(^_^;)
このクラスの車になると、どちらを購入しても後悔はないでしょう。
どちらも十分なスペックとなっていますので試乗をしてフィーリングがよかった方を購入すればいいのではないかと思います♪

スポンサーリンク

AMGやRSシリーズも開発中

やっぱり新型モデルが出たら最上級グレードのスペシャルモデルも気になる所ですよね(^_^)
前から書いているようにAMGやRSシリーズやMシリーズは実物を見ると明らかにオーラが違いますからね♪

EクラスにはAMGモデルと言えばE43とE63が存在します。
CLSにはこのE43に使用されている3.0L 直列6気筒エンジンに50kW電動モーターを組み合わせて429psを発生するエンジンが搭載されCLS53として発売されるようです。
もちろんE63に相当するCLS63も開発中だと思います♪
同じエンジンであればE63が571ps、 750NmでE63Sが612PS、850Nmを発生するエンジンがCLSにも搭載されるはずです(^_^)
まだ偽装されたテストかーしか写真は見つけられませんでした( ;∀;)
どんなスタイルになるのか楽しみですね!

続いてアウディです。
RS7も当然開発中です♪

まず目を引くのはオーバーフェンダーですね♪
RSシリーズと言えばこのオーバーフェンダー装着によるワイド感が最高です(^_^)
こちらは4.0L v8エンジン仕様で650ps/813Nm、プラグインハイブリッド(PHEV)バージョンも予定されており、PHEVバージョンは700psオーバーになるという噂もあります!
セダンながらスーパーカーにも匹敵するような性能ですね(^_^;)

ということで2回に渡って新型CLSとA7を比較してみました。
これからまだまだ色々情報が出てくるはずなので購入を検討されている方にとっては楽しみな事だらけで羨ましいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA