ポルシェ991GT3RSを眺めながら暮らせるガレージハウスを建てよう♬〜ヘーベルハウス第1回&第2回打ち合わせ編〜

第2弾ブログはポルシェ991GT3RSを眺めながら暮らせるガレージハウスのヘーベルハウス第1回&第2回打ち合わせ編になります。

スポンサーリンク

ヘーベルハウスでもガレージハウスを検討

これまで積水ハウスでガレージハウスを建てる事に決め、色々打ち合わせを重ねてきましたが、大体間取りが決まってきてから提示された見積もりはGT3RS1台分オーバーというのは以前に記事に書きました(^_^;)

その後、打ち合わせを行いましたが、結局設備関係のグレードを落としても大きな減額はできず、積水ハウス側からの提案としては65坪→50坪くらいまで延床面積を減らすしかないとの返事でした・・・
正直、予算を伝えてあった上でGT3RS1台分の予算オーバーはあり得ないと思いますし、元々の坪単価も高すぎる印象です。
延床面積を減らして建てるのであれば坪単価が高すぎるという問題は解決されません。
希望のガレージハウスが建てられないのであれば別のハウスメーカーも検討する事にしました。

ガレージハウスで鉄骨でとなるとまずは初めに計画していたヘーベルハウスです。

ヘーベルハウスは最初の営業さんの対応が微妙で検討から外していましたが、何回も写真で登場していますが積水ハウスでもヘーベルハウス風でというくらいデザインは元々すごく好みです♬
という事で近所の住宅展示場にあるヘーベルハウスを訪問する事にしました。

ヘーベルハウスとの第1回打ち合わせ

ハウスメーカーとの打ち合わせって結構大変で疲れてしまいます。
子供がいるとなおさらです(^_^;)
僕達の場合、積水ハウスとの打ち合わせで方向性自体はかなり決まっていましたので僕達のガレージハウスの要望をまとめた要望書を作りました♬

まず近所の住宅展示場に要望書を持って奥さんのみで訪問してもらいました。
以前に他県のヘーベルハウスで担当がついているという事を伝えましたが、現時点で打ち合わせを並行して行っていなければ展示場・担当の変更は可能でした!
今回担当して頂いたのはその訪問した展示場の店長Sさんになります。
奥さんから僕の作った要望書を渡してもらいましたが、要望も多いので実際の間取りなどの相談は設計士と行って頂きたいとの事でした。

ヘーベルハウスの見学&第2回打ち合わせ

奥さんが展示場を訪問した2日後の11月28日に僕も一緒に訪問しました。
店長Sさんと挨拶を交わしてヘーベルハウスの建物を案内してもらう事にしました。
前回は土地の紹介だけで終わったのでこれが初めてのヘーベルハウスの案内です(笑)

色々外壁材、構造の丈夫さ・構造などについて説明してもらいました。
僕のガレージハウスを設計するのであれば重量鉄骨で検討するようです。
重量鉄骨になると建物の重量も増えるため地盤の事などが気になりましたが、その辺も含めて詳しく説明してもらえました(^ ^)
こういった地盤の話をきちんとしてもらえるというのは奥さんも好印象だったようです。

一通りの見学が終わり、設計士さんのHさんを紹介されました。
住宅展示場の設計も行っている優秀な設計士さんだそうでとても真面目そうな印象の方でした。

僕の作った要望書にも目を通して頂けたようで要望書に沿って僕達の希望を伝えていきました。
要望書があるとめちゃくちゃ話もスムーズで1時間程度で僕達の要望を伝える事ができ、設計士さんもこれで十分設計できそうだとの事でした。
ある程度方向性が決まっている場合には要望書を作るのは本当にオススメですよ♬

実際に翌週に現地を見学に行って1週間後の12月4日にはファーストプランを提示して頂ける事になりました。
積水ハウスの修正案を提示してもらえる日にヘーベルハウスとの打ち合わせも行う事になりました。
僕としてはゆっくりでもよかったのですがすごく慌てているなと思ったら、奥さんが前回の訪問時に積水ハウスとの契約直前まで行っているが、他のハウスメーカーも見てみたくなったと伝えていたようです(笑)
積水ハウスと契約してしまったらおしまいですから慌てるのも無理ない気もします(^_^;)

ヘーベルハウスにはしっかり予算を伝えました。
ちょっと低めに伝えた予算内ではできるか微妙そうでしたが、頑張りますとのお返事も頂けました(^ ^)
ちなみに積水ハウスが高すぎるとは伝えませんでした(笑)
積水ハウスとはまた違ったプランを提示してもらえるのはないかと期待してしまいますね♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください