ポルシェ991GT3RSに視野確保できるi-MAGICの600R広角ブルーミラーをオーダー♪

今日カーセンサーを見ていました。
新車並行車になりますが991GT3RSでカーボンバケットシートではなく、スポーツシートの付いている車両を見つけました(^_^)
やっぱりGT3RSでもカーボンシートを選ばない方は少数ながらいるんですね。

ただ新車並行車ということも関係しているのかもしれませんが、販売価格は相場より安く設定されていて2,280万となっています。
走行距離は7,000kmでそこまで過走行ということはないので、やはりカーボンバケットシートが装備されていないということも価格設定に影響していそうですね。

今となってはカーボンバケットシートの見た目も気に入っていますし、エクスジェルのシートクッションを入れてからは腰痛も全くないのでバケットシートでよかったと思っています♪
乗り込むのは大変ですが(笑)

さて今回は991GT3RS用にi-MAGICの広角ミラーをオーダーしたお話です。

スポンサーリンク

ポルシェ991GT3RSのミラーは小さい!?

フェラーリとかランボルギーニとかってやっぱり乗ったことのない方は運転しにくいって印象ですよね!?
その運転しにくい印象っていうのがどこから来るのか考えてみるとやはり視野が十分確保できないことが原因なんじゃないかと思います。

パワーとか大きいということも運転しにくい原因にはなりえますが、最近のスーパーカーはエンジンに関してはすごく柔軟性があって動かすだけであれば誰でも運転できると思います。
昔のスーパーカーはクラッチも重かったり、パワステもなかったりで大変かもしれませんが(^_^;)

ということで視野が確保できないっていうことは不安感に繋がり、スーパーカー=運転しにくいということになると思っています。
確かにスーパーカーって全長の割に横幅が広かったり、ボディー形状も四角ではなく独特なデザインをしていることが多いため見切りが悪かったりします。
さらにエンジンをリアに積んでいたり、大きなウイングが付いていると後方視界も絶望的です( ;∀;)

ちなみにこれまで僕が乗ったF355、360モデナはそれほど見切りが悪かったという印象はありません。
もちろん今のA1と比べれば見切りはかなり悪いということになりますが、慣れれば全く問題ありませんでした。
F355はボディーが台形型をしていたのでまっすぐ止められませんでしたが(^_^;)
360モデナはF355よりもボディーは大きかったのですが、フロントフェンダーの盛り上がりが運転席から見え指標になりF355よりも運転しやすいくらいでした♪

ただ1つ問題があって、左ハンドルのため高速などでの合流時の右後方視界ははっきり言って悪いです!
360モデナの時もヒヤッとしたことは何度かありました(^_^;)

ミラーも大きくはなかったため標準ミラーでは十分見えず広角ミラーを取り付けていました。

991GT3RSはどうかというと前方の視界はもう全く普通の車のように運転できます♪

ですが、前から書いているようにリアはリアフェンダーの張り出しが大きいので気になりますし、ミラー形状もあってか十分な後方視界が確保できているとは言えません。

左ハンドルですし、やっぱり合流時にはちょっと見えづらいと感じることもありました。
リアの視界もウイングで結構隠れてしまいます。
後ろの車に乗っている人の顔が見えないのはいいですけど(笑)
目が合うと気まずいですからね(^_^;)

ということで少しでも視野を確保するために広角ミラーを991GT3RSにも購入することにしましいた♪

広角ミラーの曲率は1000R!?それとも600R!?

僕は広角ミラーの便利さを360モデナで知ってからは乗り換える度に色々なメーカーの広角ミラーを取り付けてきました。
その度に悩むのがミラーの曲率ですね(^_^;)

というのはミラーの曲率が大きくなればなるほど視野は広くなり死角も減っていいんですが、その分、物体が小さく見えてしまうので物との距離感が現実よりも離れて感じてしまうということが多いです。
つまり車線変更などの時にミラーで確認すると十分車両との距離があると思っても、実際にはかなり自分の車と近い場所にいる可能性があり車線変更をすると危険という状況が起こりえるということです。
ただ段々と距離感には慣れてきますし、十分距離をとって車線変更すればいいだけですので大きな問題にはならないと思います。
ちなみに曲率はRで表されるのですが、600Rの方が1000Rよりも曲率は大きいということになりますので、600Rの方が視野は広くなります。

アウディA1は車体が小さいので死角も少なく、1000Rで十分だという考えから1000Rを選びました(^_^)
360モデナは少しでも死角を減らしたかったため、距離感には目を瞑り600Rを選択しましたが、先程も書いたように慣れてしまえば特に距離感は気にならなくなりました♪
さらに視野が広くなると駐車時も白線が見やすくなり、駐車しやすくなるというメリットもあります。
ただ、視界が少し歪んで見えるのでまっすぐには止めづらくなってしまうかもしれませんが(^_^;)

今回の991GT3RSも死角をなるべく減らしたいというのを目的にしており600Rで探すことにしました♪
600Rですと、このくらいの視野が得られるようです!

ミラー形状も何となく360モデナにのミラーに近い気がしますね(^_^)
600Rですと純正の視野と比べると格段に広くなっていて、1.5倍くらいの視野になっていそうですね♪

どこのメーカーの広角ミラーを選ぶ!?

曲率が決まれば、後はメーカーを決めるだけですね♪
カラーは僕の好みで今回もブルーミラーが希望です(^_^)
360モデナの時はi-MAGIC製、ベンツの時はアウトバーン製、アウディA1にはガルーダ製の広角ミラーを選びました。
A1の広角ミラー交換編はこちらからどうぞ♪

ちなみに曲率は車種によって決まっているメーカーもあり、大体が1000Rに設定されていることが多い気がします。
ただワンオフのようなオーダー形式をとっているメーカーもあり、今回は600Rが希望であることからオーダーを受けてくれるメーカーを探しました。

そしてポルシェ991ではGTS,GT3系のミラー形状は通常のカレラなどのミラー形状と異なるので注意が必要です!
アウトバーン製ではカレラ系のミラーはありましたが、GT3系のミラーは販売されていないのではないでしょうか!?


【割引クーポン配布中】AUTBAHN/アウトバーン 広角ドレスアップサイドミラー ブルー 991/カブリオレ、GTS、ターボS、GT3不可 年式11.11〜 商品番号:P13

ということで探してみると、i-MAGIC、cCc(シースリー)さんの2つのメーカーが製作してくれることが分かりました。


i-magic カラーワイドミラー 親水タイプ PORSCHE ポルシェ 用 ※受注生産品につき納期約2〜3ヶ月前後

i-MAGICさんは360モデナの時に取り付けていて、製品品質も分かっていますし価格も左右で17,280円とリーズナブルです。
さらにポイントとしては親水加工がされているということですね♪
親水加工されていると雨が降っても水滴がミラー面に付きにくいので雨の中でも見やすいというメリットがあります。
広角ミラーを貼り付けると、ミラーが分厚くなりミラーヒーターの効果も得られにくいため親水加工してあれば安心できますね♪
ただ窓ガラスに水滴がついてしまうので結局雨の日はかなりミラーが見にくいことには変わりありませんが(^_^;)


もう1つのcCcさんはオーダー内容により価格は変動しますが、左右で3万前後という価格設定になっています。
それと親水加工は受け付けていないようでした。
もしcCc製にするのであれば定期的にコーティング剤をミラーに塗ってあげる必要がありそうですね。


キイロビン ミラクリア F-57 プロスタッフ 雨降りでもうしろがよく見える!サイドミラー用親水剤

cCcのミラーを選ぶメリットとしては取り付け方法がよく考えられていて、ベースのミラーの上にフィルムを貼って、その上に広角ミラーを両面テープとボンドで固定するということで取り外す際のことまで考えられているのはいいですね♪
それと、i-MAGIC製の場合は取り付け時も1発勝負でずれたら終わりなんですが、cCc製であればボンドが固まるまで位置調整できてぴったり取り付けできそうです(^_^)

さらにオーダーも細かくでき、曲率も600Rから200R刻みで指定できます。
400Rも車検対応ではありませんが、オーダーは可能なようです。
i-MAGICさんは1000Rと600Rのみということでした。
さらに料金はかなり高くなりますが、貼り付け式ではなくはめ替え式のミラーもオーダーできるのでこだわる方にはcCcさんはオススメです♪

で僕はどちらのメーカーを選んだのかということですが、今回は前回の実績もあり価格もリーズナブルなi-MAGICさんのミラーをオーダーしました(^_^)
親水加工もしてあるのでコーティング剤も塗る必要がないというのもメリットですね。
そもそもあまり雨の日にGT3RSは乗らないかもしれませんが(笑)
cCcさんの広角ミラーもかなり魅力的で製品品質もかなり高そうなので、いつか装着してみたいと思っています!

納期は1ヶ月程とのことですので楽しみに待ちたいと思います♪
届いたら取り付け編とインプレッションを書きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA