ポルシェ991.2 GT3RSのボディーカラーは全9色で赤も選択可能!コンフィギュレーターで仕様を考える♪

いよいよ暖かくなってきて春がもうすぐという所まで来ましたね♪
土曜日に出かけた時にはアヴェンタドールやフェラーリでツーリングしている方達、オープンで走っている方などを見かけました。

スーパーカー、オープンカーも冬眠から覚めてきそうです(^_^)
嫁は反対車線を走っていった白のアヴェンタドールを見てかっこいいと興奮していました(笑)

僕もGT3を手に入れたらドライブを楽しみたいなと思います♪

さて今回はポルシェ991.2 GT3RSのコンフィギュレーターが公開されたので自分好みの仕様を作成してみたお話です。

スポンサーリンク

ポルシェ991.2 GT3RSのボディーカラーは全9色

先日、991.2 GT3RSが公開された後、まもなくドイツ本国のポルシェサイトではコンフィギュレーターが使えるようになっていました。
日本のコンフィギュレーターは現在使えるようにはなっていません。

ということで早速自分仕様の991.2 GT3RSでも作ってみるかと思い、コンフィギュレーターを立ち上げると衝撃の事実が!

なんと前期991 GT3RSではGTシルバー、ラヴァオレンジ、ホワイト、ウルトラバイオレットの4色からしか選択できなかったのが、991.2 GT3RSでは9色の中から選択できるようになっています・・・

しかも全9色の中にはカーズレッドではありますが赤も選択できるようになっています( ;∀;)
ポルシェまた悩ましいことをしてくれますね(笑)

夜中当直中だったのですが、色々頭の中で考えてしまい眠れなくなってしまいました(^_^;)
正規で991.2 GT3RSを購入することは不可能ですので購入できる可能性があるとすれば並行輸入車です。

ということで並行輸入を取り扱っているショップに見積もりをしてもらうことにしました。
並行輸入とはいっても現在のユーロのレートからすると、輸送費、日本での検査費用、ショップの手数料などを考えると日本のディーラーで購入するのと変わらないくらいの価格になるのではないかと考えています。
まだ日本での販売価格の正規アナウンスはないですが。

そうすると3000万円近くなると考えられ、価格的に購入はかなり厳しいかもしれません。
ただ候補の1つとして並行輸入車の991.2 GT3RSも加わることになりそうです。
購入できた場合、新車ってこともメリットだと考えています。

コンフィギュレーターで自分好みの991.2 GT3RSを作成

ボディーカラーの衝撃を受けましたが、何とか立ち直ってコンフィギュレーターで自分仕様のGT3RSを作成してみました。

ステッチを赤にしたかったのですが、僕の方法が悪いのかできませんでした。
GT3RSをオーダーするカスタマーでこんな仕様のGT3RSをオーダーする人はいないかもしれません(^_^;)
あまりボンネットだけ色が違うっていうのも好みではないので皆さんがほぼ装着すると思われるヴァイザッハ・パッケージも装着していません。
僕はサーキットを走るつもりは全くなくてほぼ見た目の好みでの購入なのでいいんです(笑)
こんな仕様でも新車ならば購入できるのは大きなメリットです♪
中古車でこんなストリート仕様のGT3RSはまずないと思いますからね!

ここまで作ってみて以前ほど絶対赤じゃないとって感じがなくなってきていることに気づきました。
GTシルバーが予想外に気に入っているようで赤とGTシルバーが同率1位くらいの感じです♪

でさらに時間が経つにつれて991.2 GT3RSの情報が出てきました。
外観は前回のブログ記事で示した通りですが、フロントリップの形状も変わっていましたね。
中央がやや凹んだ形状になっていて、段差などで擦りづらくなっているのではないでしょうか。
ただ僕としては中央部が凹んでいると顎が上がって見えるので前期型のスポイラーの方が好みです。

あとシャシーの変更でスプリングレートが前期型の2倍近くになっているとのことです(^_^;)
991 GT2RSに準じた仕様になっていて前期型のGT3RSよりもよりサーキット向けになっているようですね。
GTカー的な僕の使い方からすると991.2 GT3RSはちょっと合わないのかもしれません・・・

ただ良い点もあってマフラーにチタンマフラーが採用されているようで前期型よりも良い音を奏でてくれそうです♪
前期型でもマフラー交換をすれば良いのかもしれませんが(^_^)

ということであくまで特殊な僕のような使い方をするのであれば、前期型のGT3RSの方がいいのかなぁと考えている所です。
ただGT3RSの本来の使い方をされる方にとっては後期型の進化は歓迎されるものだと思います♪
ニュルのタイムも7分近くまであげてくるのではないでしょうか!?
楽しみですね!

前期型の991 GT3RSのGTシルバーも確認したい!

991.2 GT3RSのレッドが出て興奮したのですが、色々情報が出てくるとやっぱり前期型の991 GT3RSを確認する必要があると思い始めました(笑)

もちろん価格的にも前期型の方が手の届きやすい価格であることは間違い無いですし。
気になる点としてはバケットシートの乗り心地、GT3RSは長距離移動もできる乗り心地なのか、GTシルバーの実際の色味はどんな感じなのかということです。

ということで先週の週末に前期型のGT3RS GTシルバーの個体の見学弾丸ツアーに行ってきました(笑)
実際に見て僕の気持ちはどうなったのでしょうか!?
この続きは次回に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください