アウディA1のMMI 3G plusのオーディオで使用するミュージックサーバーをiPhone→SDカードに変更♪

今日は当直先で11月中頃にある講演会の発表スライドを作成しています。
外は天気も良くて3連休ですしお出かけ日和でしたね♪

アウディの全国オフ会のAGPM2017っていうイベントが浜名湖ガーデンパークであったみたいですが僕も仕事じゃなければ行きたかったです( ;∀;)
仕事の日程が決まってからこのイベントの開催を知ったので参加ができませんでした・・・。
200台くらいの参加台数だったみたいですね。
まだ今はA1もカスタム途中で中途半端ですし来年開催されるようならバッチリ完成したA1で参加したいと思います(^_^)

さて今回はアウディのオーディオのミュージックサーバーを変更したお話です。

スポンサーリンク

アウディA1でミュージックサーバーとしてiPhoneを使用していたけど・・・

A1のMMI 3G plusのオーディオではミュージックサーバーとしてiPhoneが使えることをA1購入前から調べてありました。
たまたま嫁の使っていたiPhone6が余ってくるタイミングだったのでミュージックサーバーとしてそれを使うことにしました。

ちなみにMMI 3G plusではBluetoothを使って音楽を楽しむこともできるので携帯からそのまま音楽を聴いている方が多いのではないでしょうか?

ただ僕は少しでも音質にはこだわりたいと思うのでケーブルで接続することにしました。
なのでケーブルを準備しなければなりませんが純正品は1万円弱くらいして高いので見た目は純正ソックリの中国製を取り寄せました(笑)
これがダメだったのかもしれません(^_^;)

早速納車されてA1にiPhoneを繋いで聴いてみると普通に聴けました。
ですがしばらく使っているとたまに勝手に接続が切れてiPhoneが認識されなくなることがありました。
しばらく待っていると接続は復活します。

iPhone側の問題かもと思って原因を調べたりしましたがわかりませんでした(^_^;)
いつ接続が切れるかわからないのでこれが1つ目のストレスの原因になりました。

2つ目のストレスの原因はiPhoneを使った時の選曲しずらさです。
どういうことかというとアルバムを選んだりする時にMMIのインターフェイスのロータリースイッチを回して選曲するのですがたくさんアルバムが入っていると希望のアルバムまで到達するのがとてつもなく面倒です( ;∀;)

プレイリスト、アーティスト、ジャンルなどでも選択できるのですがそんなにきちんとiTunesの方を整理してこなかったのでバラバラです。
ただ選曲が不便すぎたので諦めてiTunesのプレイリスト作成でジャンル→アーティスト→アルバムという形でフォルダ分けしてみることにしました。

これで快適になるかと思ったんですが実際にA1に繋いで選曲してみるとプレイリストで作成したようにフォルダ分けされないばかりかアルバムの区別すらなくなってアーティスト毎に曲がまとめられているだけでした( ;∀;)
MMI 3G plusではフォルダの階層を認識できないのかもしれません・・・。
ネットで調べた時は上記の方法でうまくいっている方も見えたんですけどね(^_^;)

どうしようもないので諦めてそのままiPhoneで音楽を聴いていました。
しかし最近、ある時に嫁がこのSDカードでは音楽は聴けないの???って何気なく聞いてきたんです。
それだ!ってなりました(笑)
iPhoneで何とかしようと考えすぎてSDカードのことなんてすっかり忘れていました(^_^;)

MMI 3G plusではSDカードはどのくらいの容量まで使える!?

そうと決まればSDカードを購入しないといけません。
ちなみに僕の音楽の容量は60GBくらいあります。
iPhone6も64GBのモデルだったので結構ギリギリの容量でした。
車の中にそこまで全部のデータを持ち込む必要はあるのか分かりませんが聴きたいものだけ選ぶっていう作業自体も手間ですからね。
なのでSDカードもなるべく大きい容量のものを使いたいと考えました♪

ですがMMI 3G plusがどこまでの容量のSDカードを認識してくれるのかすら知りませんでした(^_^;)
調べてみると一応公表されているのは32GBまでのSDカードということになっています。
A1には2枚SDカードのスロットがあるので合計でMax 64GBですね。
これだとまたギリギリになってしまします・・・。

ポータブルオーディオでもそうですが公表されている容量よりも大きな容量のSDカードでも読み込んでくれることが結構多いです。
なので諦めの悪い僕はさらに調べてみました(笑)

すると海外のサイトで同じことを考えている人たちを見つけました(^_^)
その人たちは何と256GBのSDカードも読み込んでくれると書いてありました。
しかもmp3、AACだけではなくてMMI 3G plusはFLACのファイルも再生してくれるというおまけ情報までありました♪
ただし、SDカードのフォーマットをFAT32に変更する必要があるということですので注意して下さい。
これについてもexFATでも聴けるって書いている人もいましたけどどうなんでしょう(^_^;)
SDカードのフォーマットは僕が使っているMacのPCでは簡単にできました♪
WindowsのPCはよくわからないのでご自分で調べてくださいね(^_^)

SDカードとMMIの相性もあるかもしれないのでそのサイトで書かれていたのと同じSDカードを購入することにしました♪


◇【128GB】 Transcend トランセンド SDXCカード Class10 UHS-I U3 R:95MB/s W:60MB/s 4K動画対応 TS128GSDU3 ◆メ

僕はとりあえず128GBのSDカードを使うことにしました。
楽曲量が今の倍の容量になるまでには相当時間がかかると思います。
ハイレゾ音源にしだすとすぐに容量不足になるかもしれませんが(^_^;)

早速届いたのでMacでフォーマット変更を行いました。
ちなみにMacではFAT32と選択するところに出てこないのでMS-DOS(FAT)を選択して下さい♪

あとはデータを移すだけです(^_^)
データは普段使っているBEWITH MM-1Dのデータをそっくりそのまま移したのでジャンル、アーティスト、アルバム毎にきちんと分かれています♪

これで準備は整いました!
A1のSDカードスロットに差し込んでみると・・・
無事認識されました(^_^)
認識されなかったらどうしようとか考えてドキドキしました(笑)

選曲してみるときちんとフォルダ毎に分かれていて簡単に選曲できます♪
ちょっとしたことですがすごく快適になりました(^_^)
A1に乗ると選曲が面倒すぎて最近同じアルバムばかり聴くようになっていましたから(笑)
音質も変わったような気がするのは気のせいでしょうか!?
基本的には変わらないはずですが(^_^;)
それと1つだけ気になることがあるとすればギャップレス再生ができないのでEDMとか聴くと曲間ができてしまうことくらいです。

最後にですが、もしかすると年式の違いなどでSDカードが認識されない可能性もあるかもしれません。
もし32GB以上のSDカードを使うときは自己責任で使って下さいね♪

ということで音楽データの管理はこれで完璧になりました♪
あとは音質改善ですね(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.