フェラーリ360モデナにスクーデリアライン&カーボンインテークカバー♫

僕が今まで乗ったフェラーリはF355と360モデナですが、このブログを見てもらうことでフェラーリを買う後押しができればいいなと思ってます。

そして購入後もこのブログを見れば大体のF355と360モデナの情報が得られるようにできれば最高です♫
他にも詳しくわかりやすい表現でブログを書かれている方がたくさんいるので僕なんかのブログを見る必要はないかもしれませんが(笑)
僕自身の目的としては過去の思い出を忘れないうちに書き出して置いてじいちゃんになった後に読み返したりできたらいいなと思って書いてます(^_^)

フェラーリ編の後はベンツCLS、ML63編と続いていきますのでお楽しみに♫
でもベンツ編まではまだまだかかりそうですね!

では今回は360モデナに430スクーデリアラインとエアインテークカバーを装着した時のお話です♫

スポンサーリンク

360モデナに430スクーデリアラインを貼る!?

正直、僕自身としてはボディーにあまりラッピングしたりするのは好きではありませんでした。
ですのでチャレンジストラダーレが発表された時に何でこんなライン入れるんだって思ったくらいです(^_^;)
この360モデナにも購入時にはフロントウインドウにHAMANNとステッカーが貼ってありましたが納車された翌日には綺麗さっぱり剥がしました。

ラッピング嫌いが変化してのは430スクーデリアが出た時です。
発表時よりそんなに違和感がなくて、というよりむしろかっこいいと感じました♫16Mのラインも嫌いじゃなかったです。

でライン入りのフェラーリをみていると自分の360モデナがすごくさっぱりした外観に見えてきてしまったんです(^_^;)
でもチャレストのラインは最初の印象もあり個人的にはあまり好みでないのとどうせなら430スクーデリアラインの方がかっこいいんじゃないかと思いました♫
ネットで探して見ると同じことを考える人はいるもので360モデナに430スクーデリアラインや16Mのラインを貼っている方をわずかですが見つけることができました。

ただ自分の車に貼ったイメージがどうしても想像できなくてペイントで写真にラインを入れたりしてシュミレーションをしました(笑)

恥ずかしいクオリティですがこんな感じです(^_^;)
で結局悩んだ結果、スクーデリアラインにすることにしました。

スクーデリアラインに決めたらラインを準備しなければなりません。
これは純正パーツとして取り寄せることはできないので自分で何とかするしかありません。

ネットで見つけたスクーデリアラインを貼った360モデナを見てみると全部本物の430スクーデリアのラインとは微妙に形が違いました。
おそらくラッピングのショップに似通った形状でシートを作成し貼ってもらったんだと思います。

それはそれでオリジナリティがあるのかもしれませんが僕は430スクーデリアと全く同じ形状のラインにしたいと考えました♫

ラッピングの専門ショップにも問い合わせたんですが実物のラインを見ないと全く同じように作成するのは難しいとのことでした・・・。
それはそうですよね(^_^;)

ただ世界にまで目を向けるとありました!!
430スクーデリアと全く同じ形状のラインを販売しているショップが・:*+.\(( °ω° ))/.:+

それはF360 Performance Partsというオーストラリアのショップです♫
現在でも販売していて395ドルですね。ちなみにチャレストと16Mのストライプも販売していますので好みに合わせて選択できますよ(^_^)

である晴れた日の朝早くアウトストラーダさんに向かいました。
僕の360モデナに埃がつかないようにするためショールーム内に入れて作業開始です♫

貼り付け前

まずウイング、ストップランプ、Ferrariエンブレムを外して下準備完了です♫

貼り付け中♫

完成♫

最後の写真をみるとすっかり夜になってますね(^_^;)
ラインを貼り付けてからしばらく置いてあったのでトータルで10時間くらいかかっています・・・。
こんな夜遅くまで作業してくれたアウトストラーダさんには感謝ですね♫

ただ360モデナの場合、エンジンフード後端に段差があるのでここが浮きやすいです( ;∀;)
ここだけこの後何回か補修をしました。その他はバッチリ密着していました。
360モデナなのに430スクーデリアっぽくなりました。
社長にもかっこよくなったじゃん♫って言われて嬉しかったのを覚えています。
ラッピングは剥がせば元通りなので手軽にイメージチェンジできていいですよ(^_^)
ちょっとイメチェンしたいなーって時はぜひラッピングして見てくださいね♫

360モデナにカーボンエアインテークカバーを装着

このスクーデリアラインとほぼ同時期にR-tunedより新たなカーボンパーツの試作品の紹介がありました♫
当然カーボンに飢えていた僕は購入することに(笑)
ちなみに僕の360モデナでフィッティング確認っていう目的もあるのでパーツ自体普通では考えられないような価格で購入しています(^_^)

この360モデナのエアインテークカバーって左右で形が違うんですよ!
僕もこのパーツを購入するまで気がつきませんでした(^_^;)

赤いラバーホースとクランプは自分で準備しました♫
付属してきたんですけど何か全体に文字が入ってたんですよね・・・。
色々探したんですが販売されている他のラバーホースにもほとんどメーカー名が入っています( ;∀;)しかも青ばかり・・・。
やっと赤の無地のホースを見つけ購入しました。

それとどうせカバーを変えるんなら中身のフィルターもK&Nのものに交換しようと思い購入しました。

で430スクーデリアラインが完全に密着するのを待っている間にカーボンエアインテークカバーを360モデナに装着することになりました。
これは簡単に装着できるだろうと思っていましたがR-tunedがやってくれました・・・。
聞いていたサイズでホースを購入したのに長さは全然合わないわシリコンホースの径も車体側の方が太いわで付きません( ;∀;) 
スタッフさん疲れてるのに削る事に(^_^;)いつもなにか削ってもらってます(笑)
でも何とか装着完了♫

赤色のホースがいいアクセントになってます♫
エンジンルームが派手になりましたね(^_^)
K&Nのフィルターが結構分厚くて止めるネジの長さがギリギリだったので後日ネジは長いネジに変更しました。
エンジンルームは大分満足のいく見た目になってきました。

スポンサーリンク

360モデナに牽引フックを装着

言っておきますが僕の買うフェラーリがボロすぎていつ止まるか分からないから牽引フックをつけたわけではありません(笑)
あくまでドレスアップ目的ですからね(^_^)

360モデナの牽引フックもつける方は360チャレンジの黄色の牽引フックを装着されている方が多いと思います。
ただ僕は普通とは違うカスタムをしたいと考えていて、その頃ポルシェの方があるメーカーの牽引フックを装着し始めたのをブログで見ました。
それを見てかっこいい・:*+.\(( °ω° ))/.:+これだ!って思いました。

どうも調べてみるとADENAUさんで販売されているようでした。
こんなにカラフルで質感も最高♫フック部分はアルマイト加工とのことでした。
問い合わせてみると360モデナ用も製作しているとのことで購入することに(^_^)
ただこんなにカラーバリエーションがあると迷いますよね(笑)

ボディー赤だからキャリパーに合わせて黄色にしよ♫って思ってオーダーすると黄色ではなくオレンジらしい( ;∀;)
仕方なく赤にしました・・・。

商品が届くとすごく綺麗な作りで赤も悪くない♫
ねじ込むだけだし自分で付けようと思って車に行くとどうしても付きません。
ネジ穴でも錆びてるのかなと思って結局、このスクーデリアラインを貼っている日に取り付けをお願いしました。

取り付けを始めるとグリルの穴と牽引フックの穴がずれてます(^_^;)
車体側がずれるはずがないので原因はグリルです。
これも購入時ボロボロのホームセンターで買ったんじゃないかと思うような網が付いておりたまたま海外で見つけた網にタイミングベルト交換の際に一緒に交換してもらっていました。

どう考えてもフェラーリにつけるクオリティの網じゃないですよね・・・(笑)

綺麗になってリフレッシュしました♫
満足していたんですがやっぱり海外クオリティでしたね(^_^;)
どうしようもないのでグリル側の穴を削って装着してもらいました。
本当にスタッフさんには削ってもらってばかりで申し訳なかったです。

でも何とか付けてもらうといい感じです♫

これでいつでも安心してトラブルに会えますね(笑)
幸いこの牽引フックにお世話になることはありませんでした(^_^)

以上で今回の360モデナのカスタムブログは終了です♫
次回は一度カスタム編をお休みしてイベント編を書くかもしれません!
まぁ気分次第です。お楽しみに♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA