フェラーリF355の維持費はどれくらい!? 修理費用編♪

今日は昨日お伝えしたフェラーリF355の修理費がどのくらいかかるのか書いてみたいと思います!
まだそんなに記事数は多くないんですがサイトマップを作ってみました。
メニューのところにあるので過去の記事ももしよかったら見て下さいね(^_^)記事を探しやすくなっていると思いますよ♫

僕のF355は幸い以前に『初トラブル( ;∀;)』で紹介したガソリン漏れが1年間で唯一の故障でした。いつ新たなトラブルが起こってくるか結構ビクビクはしていましたけどね(笑)

スポンサーリンク

フェラーリF355の修理費用

①オイル交換
まずはオイル交換です。修理費というかほぼ固定費みたいなものですね。僕は半年もしくは3000km毎のどちらかの条件を満たした場合に交換にしていました。前回もお伝えしたように年間5000km程度しか走行距離が伸びないので半年で2500kmです。なので大体半年に1回くらいの頻度だったと思います。

F355は低重心化のためドライサンプ方式になっています。
ドライサンプ方式を採用している理由はエンジン本体の重心を低くするためです。ウエットサンプ方式とは違いオイルパンにオイルを溜めないのでクランクシャフトより下の部分のオイルパンを小さくできます。

ですがドライサンプならではの注意点があります。
ドライサンプの場合、オイルパンとオイルタンク両方からオイルを抜く必要があります。

ラインが長いため必要エンジンオイル量も多く9−10Lのオイルが必要です(^_^;)そしてこれも以前の記事『フェラーリF355に乗るときにチェックすべき事♫』でご紹介しましたがオイル量チェックはエンジンが温まった状態でして下さいね。大体油温60−70度くらいです。

費用は大体ショップと入れるオイルの銘柄にもよりますが2万〜3万くらいでしょう。自分でやるのは結構大変かもしれませんよ。アンダーカウルを外す必要がありそのためにはディフューザーも外さなければなりません。整備に慣れている方はいいかもしれませんがプロに頼んだ方が確実だと思います。
あとオイルフィルターも4000円程で高くものではないので一緒に交換がオススメですよ( ^ω^ )

②タイミングベルト交換
次はタイミングベルト交換です。F355の説明書には4年または6万キロで交換を一応推奨されています。
しかし、

『タイミングベルト切れ』

何と恐ろしい響きでしょうか( ;∀;)この言葉にビビり皆さんもっと早い時期に交換しているのではないでしょうか?できればそんなトラブルには遭遇したくないものですよね!

360モデナ以前のオーナーとか皆さん恐れているので頻繁に起こっているように思っていましたが実際はそれほど起こっていないんじゃないかと思っています。
ただたまに話には聞いていたので確実に誰かには起こっています・・・。

そうであれば交換したらいいじゃんとフェラーリオーナー以外は思うでしょう。
けれどF355でタイミングベルト交換=エンジン降ろし=工賃ヤバい!!!です・:*+.\(( °ω° ))/.:+
ショップによってはエンジンを降ろさずに燃料タンクを降ろしてベルト交換できるというのも見た気がします。その場合で20−25万です。だけどエンジン調整などの整備もまとめてしようと思うとエンジンを降ろさないと難しいと思います。カムカバーなどからのオイル漏れも起こっている可能性があるのでシールの交換も忘れずに行ってくださいね。

エンジン降ろしの場合50−80万円くらいの費用が必要になるはずです。もしかすると整備するショップ、内容によっては100万コースです( ;∀;)

この儀式を僕は経験していませんが恐ろしいですね(笑)なので購入時に交換費用が含まれているショップや交換したばかりの車両を狙うのがいいかもしれません。

③クラッチ交換
F355はクラッチが車体の一番後ろに位置しています。なので比較的交換はしやすいと思います。費用は20万程度くらいでしょう。

交換時期は乗り方によっても変わってきます。やっぱり発進の時がクラッチへの負担も大きいはずですのでアイドリングでクラッチをつなぎ完全につながった後にアクセルを踏み込んでいくといいと思います。トルクもあるのでアイドリングでクラッチを繋ぐのは全然難しくありませんよ( ^ω^ )
優しい操作がトラブルを呼び込まないポイントですよ♫

ちなみに上で書いたのは6MTの場合です。
F355からF1マチックが登場しています。F1マチックもF1の気分を味わえていいと思いますがやはりトラブルの発生は6MTより多くなるでしょう。
一番多いと思われるのがポンプ故障です。さらにF1マチックユニットが壊れると部品代だけで200万以上かかかったというのを見たような気がします。
また、クラッチ交換の期間も15000km〜25000km程度で交換となることが多そうで6MTより頻回に交換が必要となります。
細かいところではメーター画面のシフトインジゲーターの表示不良も起こります。修理には数万円かかります。

上記のようなこともあり故障を避けたい方はF1マチックの車両はやめておいた方が無難でしょう。

④バルブクラッシュ
これが起こったらはっきり言って破滅です・:*+.\(( °ω° ))/.:+
ぎりぎりで買ってお金がない方は実物大のミニカーとして保存することになるでしょう・・・。
これを起こす原因の1つが②で挙げたタイミングベルト切れです。なので皆さん怖がるんです。また、シフトダウン時のオーバーレブでも起こします。

曲がったバルブを見たら魂が抜けるかもしれません( ;∀;)

なんせ費用は数百万かかります!エンジン載せ替えになるかもしれません!

バルブクラッシュだけは起こらないように神様にお祈りしてください。

⑤エンジンマウント交換
アイドリング時などに振動が出るようになったらエンジンマウントの交換時期かもしれません。交換すると想像以上にぺちゃんこになっていてびっくりすると思います。そして、交換後は気持ちいいくらい振動が無くなるのでおかしいなと思ったら早めの交換をオススメします( ^ω^ )
費用は10〜15万くらいだと思います。

⑥マフラー関係
社外マフラーに交換しているとslow down警告が出ることがあるようです。排気音センサー、O2センサーの交換でよくなることが多いようですね。5万〜10万程度の費用でしょう。

また、エキマニも割れてくることがあるようです。割れた時に社外品に変えてもいいかもしれませんが溶接などで修理すると20万くらいの費用がかかります。

でもせっかくF355に乗るなら社外マフラーは入れたいところですよね( ^ω^ )

⑦ラジエター関係
F355の場合、ドアのダクトの中にラジエターファンがありラジエターを冷却しています。ラジエターファンの故障、ラジエターからの水漏れは結構多い故障です。こちらも10万コースでしょう。

⑧サスペンションブッシュ交換
走行距離を重ねるとサスペンションブッシュもへたります。ヘタってても走れるかもしれませんが交換することで本来のF355の実力を発揮できるようになりますよ。交換費用は20万程度です。

まとめ

他にもまだまだあると思いますが、あまりトラブルのことばかり書くとこれから購入しようとする皆さんが怖がって購入しなくなるといけないのでこれくらいにしようと思います( ^ω^ )

あくまでも僕の記憶なので金額は少し間違っているところもあると思いますが許してくださいね。

色々、故障のことを書きましたが基本的にはF355は故障の少ないフェラーリだと思います♫上記に挙げた故障が全て起こるわけではないですしフェラーリに限らずどんな車でもいつかは壊れます( ;∀;)
リスクを減らしたいのであれば信頼できるショップで整備のよくされているF355を購入するのが安心です。

僕みたいにオークションで安く買って少しずつ修理して綺麗にしていくのも楽しいでしょう。修理しているうちにどんどん愛着も湧いてきますしね( ^ω^ )

なので購入を迷っている方は必要以上に怖がらずF355の世界に飛び込んでくださいね♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA