最近、ボディーカラーのシルバー人気が再上昇中!?フェラーリ488pistaの発表会でもシルバーが採用♪

この週末は天気も良くて暖かくてお出かけ日和でした♪
皆さん考えることは同じようでオープンカーやスーパーカーをよく見かけました。

僕の住んでいる地域では普段ほとんど見かけないフェラーリが2台立て続けに走っていきました。
1台目は458スパイダーで2台目が488のクーペだったのですが、2台とも赤で嫁には同じように見えたようでした(^_^;)
天気のいい日に走っていると赤はすごくキラキラして綺麗でかっこいいですね♪

ということで今回はボディーカラーのシルバーについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

今の輸入車はホワイトやブラックのボディーカラーが圧倒的に多い

最近、考えていたのですが僕のスポーツカーへの憧れはポルシェから始まったことを思い出しました。
以前の自己紹介では父親のS320に乗ったことが始まりだと書きましたが、実際にはそれより以前にポルシェに触れた事があったんです。

小学3、4年生くらいの事だったので忘れていました(^_^;)
その頃、輸入車ショーか何かに家族で行ったのですが、ある外車の中古車屋さんがその頃の最新モデルだったポルシェ993ターボの中古車を展示していました。

arena red metallicというワインレッドの993ターボだったのですが、僕は今回の991 GT3RSと同じように子供ながらに一目惚れしたんだと思います。

ただその頃は親もポルシェが購入できるような経済的な余裕もなかったため、離れたところから僕も恐る恐る見ていました。
すると僕がよっぽどキラキラ目を輝かせて見ていたのか、僕に気づいた中古車屋さんのセールスマンの方が『座ってみる?』と言ってくれたんです♪
運転席に座ると、それまで自分が乗ったことのある乗り物とは全くの別物ですごくドキドキしたのを覚えています。
すごい一瞬座っただけでしたけど、それからしばらくの間将来ポルシェに乗るんだと皆んなに言っていた記憶があります(^_^;)

その後、親がS320に乗り始める頃には段々とポルシェへの気持ちが薄れていったのかもしれません。
ですが、この頃の気持ちが心のどこかに残っていて今回991 GT3RSを購入したのかなとふと思いました(^_^)
ということでポルシェは僕が車に興味を持った原点だったということですね♪

でこの時見たワインレッドの993ターボは今でも大好きです。
993ターボを購入する事があれば絶対にワインレッドを選ぶくらい強烈に僕の印象に残っています。
そう考えると車のボディーカラーって重要ですよね(^_^)

ここ最近のポルシェやベンツなどの輸入車を見ているとほとんどホワイトかブラックになっています。
もちろんホワイトやブラックもかっこいいですし、僕もCLSとML63ではホワイトとブラックでした。
買取時の査定アップになるというのもメリットになると思います。

でさらに遡るとホワイトやブラックが流行る前はシルバーばかり選ばれていました。
その頃はシルバーの査定が一番高かったのではないでしょうか!?
ベンツでいうとブリリアントシルバーの車ばかりで父親のS320もこのシルバーでした。
ポルシェのシルバーはこの頃アークティックシルバーという色でしたね。

ですが2000年頃になるとあまりに増えすぎたためかシルバーは地味で目立たない色という認識に変わっていき人気もどんどんなくなっていきました。
そしてそれに取って変わるようにホワイト、ブラックの人気が上昇していったという風に思います。
フェラーリでさえ360モデナの時代からホワイトの方がレッドより相場が100万円ほど高くなるというような異常な状況になっていましたからね(^_^;)

シルバーのボディーカラーの人気も再上昇してきている!?

今も圧倒的人気は白、黒だと思いますが、ここ最近シルバーの人気がまた上昇してきているのではないかと思っています。
僕がシルバーの991 GT3RSを購入したからそう感じるだけだということも多少はあるかもしれません(笑)

ですが、このジュネーブショーで発表されたフェラーリ488pistaも発表時にシルバーの車両を展示していました(^_^)

もちろん赤の車両も展示していますが、フェラーリが発表時に地味なシルバーの車両を使うのは少し珍しいような気もします。

ただ僕はフェラーリが今回の発表で488pistaにシルバーを選んで正解だったと思っています。
理由としては、488pistaのデザインは非常に複雑な面構成になっていてエッジも効いています。
これをホワイトやブラックで発表してしまうとせっかくの複雑なデザインが潰れて台無しになってしまうからです。

その点、シルバーだと面とかエッジに陰影がしっかり出るのでデザインをはっきり見せる事ができます。
僕が991 GT3RSでシルバーを選んだ理由としても陰影がはっきり出る事で通常のGT3とのデザインやボディーラインの違いをより感じ取る事ができたからです♪

さらに最近のシルバーは色味を変える事で高級感の演出が上手くなってるように思います。
今ポルシェのシルバーのラインナップにはロジウムシルバーと僕の購入したGTシルバーメタリックがありますが両者は全く違うシルバーになっています。

ロジウムシルバーはスッキリしたブルーシルバーといった感じで爽やかな印象ですが、GTシルバーはちょっと暗めのブラウンがかった落ち着いたシルバーといった感じです(^_^)

ロジウムシルバー

GTシルバー
どちらのシルバーも僕が思っていたシルバーとは違い安っぽさは全くありません。
ただこれは写真ではなく実際に見てみないとわからないかもしれませんね(^_^;)
実際に見てみると光の当たり方で表情が変わったりするのでシルバーは非常に面白い見え方をしますよ♪

僕も当初は全く頭になかったシルバーですが、候補に入れてみたら意外と気にいる方もいるんじゃないかなと思います。
見る前からシルバーなんてと思わずに一度見てみようかなくらいに考えると今回の僕のように新たな世界が開けるかもしれませんよ(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA