普段使用しているポータブルオーディオをご紹介♪ML63のオーディオ外し&A1への移植が決定!

今年最後の当直をして今年の仕事は終了です♪
新年の仕事は3日からです。
短い休みですが家族とゆっくり過ごしたいと思います(^-^)

今年このブログにとっての大きな事といえば、もちろんこのブログが開始された事ですよね(笑)
本当にたくさんの方に見に来て頂いてありがとうございました!
始める前は記事を書いても見に来てもらえないんじゃないかとか思っていたんですが、僕の想像していた以上に多くの方に見に来て頂けました。
今も記事が増えるにつれて少しずつですがPV数が増えていっています。

僕のつたない文章ですが楽しんでくれたり情報を参考にして頂いている事を考えると頑張って記事を書き続けないといけないなと感じています。
始めの頃に比べればブログをアップするペースは大分落ちてしまっていますが今は自分なりのペースでも続ける事が大事かなと考えています(^_^)

という事で来年もこのブログを頑張っていきたいと思っているのでよろしくお願いします♪
皆さんも良いお年をお過ごし下さいね(^_^)

さて今年最後のブログは少し車の事から離れた家で使用しているオーディオの記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

オーディオをそもそも好きになった経緯は!?

僕がオーディオを初めて購入したのは中学受験に合格した時です。
父親との約束で合格したらコンポを買ってもらえる約束になっていました♪

合否通知が届いた日に父親に出かけるぞと言われ、合格した事を伝えられて電気屋さんにコンポを購入しに行くのがわかった瞬間すごく嬉しかったのを覚えています(^_^)
買ってもらったのは3−4万くらいのパイオニア製のコンポだったと思います。
CDとカセットテープ、ラジオの組み合わせでした。

自分の部屋に設置すると嬉しくて初めて購入したCDを何度も繰り返して聴いていました。
この頃はまだ音質にこだわりはありませんでした。

高校生になる頃、もっとしっかりしたコンポが欲しいと思うようになりました。
その頃、ケンウッドからK’sシリーズというコンポシステムが販売されており音質も評価が高いという事を聞いてどうしても欲しくなりました。

ですが価格も20万くらいと高校生にとってはかなり高額でした( ;∀;)
高額でしたが一度欲しいと思ったらどうしても手に入れたいと思う性格は昔からだったようでアルバイトをしたりしながら目標額を貯めて購入できました♪

このK’sシリーズはCD、MD、ラジオのシステムだったのですが現在もCDプレーヤーをDACとしてアンプ、スピーカーを映画を見る際などに使用しています。
今ならもっと音質のいいオーディオもたくさんあると思うのですが何となく愛着があって買い替えできないんですよね(^_^)

実家にいる間はそれなりの音量で音楽を聴くことができる環境でイヤホン・ヘッドホンにはそれ程興味はなかったんですが大学生になって電車通学するようになるとiPodを使うようになりイヤホンにも興味が出てきました。

そこで家電屋さんで5000円くらいで購入したDENONのカナル型イヤホンで聴いてみるとiPod付属のイヤホンとは比べ物にならない音質でした♪
この頃はshureのSE530が高音質で有名でしたが、イヤホンはすぐに断線したり故障して音が鳴らなくなったりするイメージだったので5万は出せないと思っていました(^_^;)

もう1つUltimate Ears Triple.fi 10Proというイヤホンも高音質という評判でした。

国内での販売価格はSE530とあまり変わりませんでしたが海外だと少し安くて3万程度で購入できました♪
5万と比べると3万でも安く感じるもので買ってみようという気になりました(笑)

Ultimate Ears Triple.fi 10Proですが結構サイズが大きくて装着すると耳からイヤホンが飛び出てしまって周りから変に見えていないか気になっていました(^_^;)
その頃は今ほどイヤホンを交換して聴いている方は多くなかったのも恥ずかしかった原因かもしれません。
ですが音質はDENONのイヤホンがおもちゃに感じるくらいの音を鳴らしてくれました。
また、イヤホンなので基本的に音場は狭いのですが、他のイヤホンと比べると音場も広く低音が気持ちいいイヤホンでした♪

すごく気に入っていたのですが1年ほどでケーブル取り付け部分が折れてしまってイヤホンはやっぱりダメだなって思いました( ;∀;)
その後は就職してあまりイヤホンを使う事もなくなり、通勤中に聴く時間が多いカーオーディオにこだわるようになりました。
まぁ360モデナ時代から多少はオーディオもいじっていましたが、あのマフラー音ですからね(笑)

ここまでがポータブルオーディオに興味を持った経緯です。

スポンサーリンク

再度ポータブルオーディオに興味を持ったきっかけは!?

で昨年2016年まで話が飛びます。
マツコの知らない世界でヘッドホンが取り上げられました♪
テレビのスピーカーから流れる音なので実際には違う音質なのですが気になるヘッドホンが紹介されました。

Bowers & WilkinsのP7というヘッドホンです。

これが見た目もかっこよくてどうしても欲しくなってしまいました♪
しかもwirelessモデルが発売される時期でした。
音質は有線のがいいのですがwirelessでも使用できるというのはかなりメリットです。

昔と違いeイヤホンなどイヤホン・ヘッドホン専門店もできていましたので一度視聴してみる事にしました。
音だけは実際に聴いてみないと分かりません。好みに合わない音だったら本当に苦痛ですしお金の無駄です(^_^;)
実際に色々ショップでwirelessのヘッドホンを聴き比べてみましたが外観・音質とも圧倒的にP7が気に入りました♪
価格は5万円ほどでしたがイヤホンと違い故障の心配もなさそうなのでポイントを貯めて購入する事にしました。

1つ誤算だったのは視聴ができるとさらに高額のヘッドホンの音も分かってしまうという事です(^_^;)
P7を聴いた時はこれ以上の音があるのかと思ったのですが、さらに高額のヘッドホンは1段も2段も違う音を出すものがありました。
今までは1つイヤホンがあれば満足できていたのがあれも欲しい、これも欲しい状態になってしまいました(笑)

現在のラインナップは!?


で色々増殖して現在はこれだけになりました(^_^;)
まずヘッドホンがよくなったらプレイヤーも気になり出しました。
iPod classicの160Gを使っていたのですが、iPodは音質があまり良くないという評判でした。

ポータブルオーディオプレーヤーなんてiPod以外の選択肢を考えた事もなかったのですがショップで視聴してみると別の世界がある事に気づかされました(笑)
プレーヤーも高額なものは50万とかしますがそこまでは出せないのでAstell & KernのAK300という10万くらいのプレーヤーの音質が気に入ったので購入しました♪

これで満足できるかと思ったのですが、ポータブルアンプを使うとさらに音質がアップするというのを見ると興味が出てきました(^_^;)
そこでCypher Labs AlgoRhythm PicolloというDACが搭載されていないアナログアンプを導入しました。

これも評判通りで音がクリアになってヘッドホンの性能を出し切る事ができるようになりました。

ヘッドホンはP7を購入して満足していたのですが、故障を心配して避けていたイヤホンも昔とは比較にならないくらい進化しているじゃ!?と思い始めました。
昔は5万くらいが最高価格だったイヤホンが今は30万とかのイヤホンもあります(^_^;)
視聴してみるとUltimate Ears Triple.fi 10Proとは次元の違う音でした。
ヘッドホンとは違う楽しさでこんな音がこの曲には隠れていたのかと発見できるような感じですね♪
イヤホンで聴く時は音楽を楽しむというより音質を楽しんでいるのかもしれません。

その中でもダントツで気に入ったのがCampfire Audioのアンドロメダという緑色のイヤホンです。

本当に夜空に輝く星のようにキラキラした音でアンドロメダという名前のイメージ通りの音でした♪
価格は14万くらいでめちゃくちゃ高かったのですがハウジングが金属製で故障しにくそうだったので思い切って購入する事にしました(^_^)
それと電車で出かける時にヘッドホンを持ち運ぶのは大変なのと夏はヘッドホンは暑いのでイヤホンも欲しかったというのも購入した理由です。
ほとんど電車で出かける事ないんですが(笑)

このアンドロメダというイヤホンは14万という価格ながら昨年の今頃は入荷したら即完売というような状態ですごい人気でした。
ただそのくらい他にはない音を出してくれるイヤホンだと思います♪

そして最後にこのままではオーディオ沼にはまってやばい!という事で本当に満足できる物を購入してやめようと考え始めました(^_^;)
基本的にはヘッドホンは僕の場合、室内で使う事がほとんどなので音漏れしても問題ないのですが音漏れするくらいならスピーカーで聴こうとなってしまいます。
音場の広さは当然ですがスピーカー>>>ヘッドホン>イヤホンの順です。
防音室でもあれば僕もいいスピーカーを置いてホームオーディオをやりたいところですが現在の状況では難しいですからね・・・

話がそれましたが、つまりヘッドホンもあまり音漏れする物は選びたくないという事です。
ヘッドホンに開放型と密閉型があって開放型は音場が広くなる代わりに音が漏れてしまいます。逆に密閉型は音が漏れにくい代わりに音場は狭めになってしまいます。
当然僕は密閉型のヘッドホンから選ぶ事にしました。

色々なサイトで皆さんの評価を見ているとFOSTEX TH900というヘッドホンが評判が高そうでした。
僕が探している時はMK2となっていてコードが脱着式になっていて、MK2で16万くらいで販売されていました。

何でも見た目から入る僕ですが、このTH900もまず見た目に心惹かれました。
ハウジングには『水目桜』という木材が使われていて、表面は漆でボルドー仕上げされています♪
FOSTEXのロゴはプラチナ箔が貼られていて値段の大半はこのハウジングにかかっているんじゃないかと思うくらいです。
動画もあるので見てもらうと手間がハンパなくかかっている事がわかると思います。

たまたま中古で入ったTH900がショップにあったので視聴させてもらうと音質に関しても別格でした♪
簡単にいうとP7がベールの向こうで鳴っている音楽なんじゃないかっていうくらい霞んで聴こえてしまうくらいにまずTH900はクリアーです。
そして密閉型にしては音場もかなり広めです。
欠点としてはそれなりの音量で聴くと密閉型なのに音漏れしやすいという点くらいです。
これは音場の広さとトレードですね。

という事でTH900で完全にポータブルオーディオに関しては満足してしまいました♪
ですがこれからもどんどんオーディオの世界も進化していくんだろうなというのは思いますのでまた数年後、総入れ替えをしているかもしれませんね(笑)
その頃にはホームオーディオを始めている気もしますが(^_^)
という事で今回は僕のポータブルオーディオコレクションについて書いてみました♪

AMG ML63のオーディオ外し&アウディA1への載せ替えが決定

車の話題にも少し触れておきますね。
ML63の売却の方向で進んでいる事は以前の記事で書きましたが、売却にあたりオーディオ外しをしなければなりません。
でその日程をA soundさんで相談し2018年1月20日から作業してもらう事になりました。

オーディオが外されML63とお別れは寂しいですが、そのオーディオはA1に引き継がれます。
これでCLSから3代目ですね。
音楽を聴くたびにCLSとML63の事を思い出してあげようと思います( ;∀;)
A1への載せ替えはスタッドレスシーズンの終わり頃の3月11日から行ってもらう事にしました♪

また作業が進んだらこのブログで報告したいと思います!

それでは皆様良いお年を過ごし下さい!
来年もよろしくお願い致します(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA