アイドリングストップって便利!?不便!?アウディA1にアイストキャンセラー装着予定♪

昨日から胃腸炎症状で苦しんでいます( ;∀;)
体もしんどいので仕事もお休みさせてもらいました。
その甲斐もあって症状はよくなってきています。
明日は出張の日で休めないので何とか頑張って行かなければなりませんね。

最近寒くなって胃腸炎が流行っていますよね。
インフルエンザも出てきていますし皆さんも体調管理に気をつけて下さいね♪
お前が言うなって感じですが(笑)

さて今回はアウディA1のアイドリングストップについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

アイドリングストップで燃費向上

アウディA1にもアイドリングストップはついています。
アイドリングストップすると停車中も燃費計の燃費が下がっていかずに気持ちいいですよね♪
停車中って燃費計を見ていると結構な勢いで燃費が悪くなっていくのが分かります。
A1の場合、僕の使い方でアイドリングストップを使うと1−2km/lくらい燃費がよくなる印象です。
経済的にもメリットはありますし排ガスが減って環境にとってもいいでしょう!

それとオーディオにとっても音質向上効果があると思います。
A1は結構車内は静かな方だと思いますがそれでもエンジン音やマフラー音の騒音って大きいものです。
アイドリングストップすると一気に車内が静かになった気がしますから。
オーディオはこの騒音に影響されやすく音質が低下してしまうんです( ;∀;)
せっかくお金をかけたオーディオなのでなるべくいい音を楽しみたいですよね♪
ということでアイドリングストップ中は騒音もなくなってオーディオを楽しめるようになります(^_^)

アイドリングストップのデメリットは!?

とここまでアイドリングストップのメリットを書いてきました。
ですがいい事ばかりでもありません・・・。

主観的な感想で気にならない方もいるかもしれませんが僕にとってデメリットと感じられる点をあげていきたいと思います。

まずアイドリングストップに入る時、つまりエンジンが切れる時はそんなに気にならないのですが再始動の時の振動が気になります(^_^;)
ハイブリッド車には乗ったことがないので分かりませんがハイブリッドの車であれば気にならないのかもしれません。
A1はそれなりに再始動時に振動があるので気になります。
しばらく乗っていれば慣れるかもと思っていましたが慣れません(笑)

それとアイドリングストップ中はエアコンが送風になってしまうのもデメリットです。
暑がりの僕の場合、夏場は常にガンガン冷風が出ていないと耐えられません(笑)
設定温度はそんなに低くはしていないですけどね♪

そしてアウディA1はDSGで普通のトルコンのATと比べると発進時にやや気を使います。
アイドリングストップの状態で再始動しすぐにアクセルを踏むと何かギクシャクしてしまいます(^_^;)
なので停車中は早めにブレーキから足を離し気味にしてエンジンを再始動しておくと発進もスムーズにできます。
ただ常に信号が変わるかどうかを気にしながら運転するのは面倒です・・・。
また交差点内でアイドリングストップしてしまった場合は再始動にも時間がかかりのんびりしていたら曲がるタイミングを逃してしまいますから対応できませんし危ないです( ;∀;)

最後に停止の度にエンジンを再始動しているとバッテリーやセルモーター・ベルト類などの部品への負担が増えてしまいそうです。
エンジンがかからなくなると一気に不動車になってしまいますから避けたいところです。
市販されているということは消耗に対しても対策は施されていると思うのですが避けられるトラブルは避けたいですからね(^_^;)

ということでメリットもあるのですが僕にとってはデメリットを感じる場面の方が多くなってしまいます。
初めは通勤車ですし燃費もよくなった方がいいだろうと思いアイドリングストップを使用していました。
ですがここ最近はエンジンをかけるとまずアイドリングストップをOFFにすることが日課になってしまいました(^_^;)

スポンサーリンク

アイストキャンセラーを購入

アイドリングストップを使用しなくなると毎回エンジンをかける度にスイッチをOFFにするのが面倒になってきます(^_^;)
たまにOFFにするのを忘れてアイドリングストップがかかっているのに気づかず再始動するとイラっとすることさえあります(笑)

ということでアイドリングストップをキャンセルできる方法がないか調べてみました。
CLSとML63はコーディングでアイドリングストップをキャンセルできたのですがA1はコーディングでキャンセルするのは難しいようです。

ということは配線してキャンセルするしかないですね!
みんカラでもアイドリングストップをキャンセルしている方がいてアイストキャンセラーという商品を使われている方を何人か見かけました♪
こちらの商品です。

アイストキャンセラー 接続タイプ【ネコポス送料無料】《全メーカープラスコントロール車対応》車種専用取付説明書選択可能【配線切断不要】ダイハツ ホンダ 三菱 スバル スズキ トヨタ 日産 アウディ[アイドリングストップキャンセラー]オートパーツ工房

価格もお手頃価格なので即購入を決めました♪
プラスコントロールとマイナスコントロールがあるようですので注意して下さい。
僕は詳しくわからなかったので適応車種にアウディが入っているプラスコントロールにしました。
あとはみんカラの皆さんもプラスコントロールを装着されていたので参考にさせて頂きました(^_^)ありがとうございます♪


部品はこれだけです(笑)
配線自体も難しくないようですが週末ピレリ四日市さんに行く予定があるので取り付けてもらう予定です。
また取り付け編も記事にしたいと思います(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA