アウディA1のフロントグリルを交換しカッコよく変身♫

夏休みが終わりましたが夏休み気分が全く抜けません(^_^;)
しかもこの10月から本格的に研究となるのでこれまでと全く仕事内容が変わります・・・。
まぁあまり研究には興味はないのですが避けて通ることはできなさそうなので頑張ろうと思います。

身分も学生になるので保険や年金の切り替えをしないといけないので仕事以外にもやることがいっぱいです( ;∀;)
収入がゼロになるわけではないのでアウディA1のカスタムは続けますよ!
カスタムできなかったらストレスでやられてしまいそうです(笑)

さて今回はアウディA1のグリル交換をしたお話です♫

スポンサーリンク

購入したアウディA1のグリルのタイプは!?

アウディにとってグリルってフロントの見た目の印象を決定する重要ポイントですよね♫

ということでA1の純正グリルを交換したいなとは購入時より考えていました。
ちなみに純正グリルはこんな感じです。

純正グリルはプラスチッキーです。
購入前はプラスチック部分をグロスブラックで塗装することも考えました。
プラスチックだと汚れた時に拭き取っても綺麗になった感じがしないんですよね。

それとアウディにしたら絶対ワンタッチでナンバーレスになるようにしたかったんです(^_^)
ですが純正グリルだとナンバープレートベースが残るので難しそうです。

ということで他のグリルを探すことにしました!
よく皆さんが取り付けているのがRSタイプのグリルですよね♫
ほとんどグリル交換されている方はRSタイプのグリルを選ぶのではないでしょうか?

RSタイプのグリルも嫌いじゃないです♫
A1にはRS1はないので社外品しかありません。
フレームやアウディマークがブラックのものやクロームのものなど色々なパターンのグリルが販売されています。
自分の好みで選べるのはいいですね(^_^)

ただRSタイプのグリルはナンバーレスにすると少しのっぺりして見えるかなと僕的には思ったんですよね(^_^;)
それと皆さん装着しているので面白くないかなって思って!

RSグリルにはRS7のようにQUATTROと入ったタイプのものがありますがさすがに僕のA1はクアトロではないのでつける勇気はありません(笑)

ということで他にもグリルを探してみることにしました。
探しているとピレリ四日市さんのデモカーのA6が目につきました♫

これだってなりましたね!
S6のグリルのプラスチック部分をピアノブラック塗装してあるみたいです。
A1ですとS1のグリルのデザインが近いですね。
ただS1のグリルはA1純正グリルと同じでナンバープレートベースが付いているのでナンバーレスの夢を諦めなければなりません( ;∀;)
それと後期のグリルが前期のA1に取り付けできるかどうかも分かりませんでした・・・。

で探してみると社外品でドンピシャなグリルを発見しました!

こちらの社外品のグリルはS1の純正グリルでプラスチックの部分が元々グロスプラックになっています。
それとナンバープレートフレームがないのでナンバーレスにすることも可能です♫
ということでこのS1タイプのグリルに決定しました!
他にもS1に純正に似たタイプでグロスブラック部分がグレーになっているものもありますしフレームまでグロスブラックになったものもあります(^_^)

届いてクオリティをチェックしてみると2万円ちょっととは思えないくらいクオリティは高いです。
ただナンバー取り付けのための小さな穴が実際には空いています。ですがあまり目立たないので僕はそのままにすることにしました。

嫁も届いたグリルを見てめっちゃかっこいい(*゚▽゚*)とすごく気に入ったみたいでした(笑)

スポンサーリンク

アウディA1にS1タイプのグリルを取り付け

グリルの取り付けはKW Version.1の取り付けと同時に行ってもらいました♫
まずはフロントバンパーの取り外しからですね

こんな感じでかわいそうな姿に(^_^;)

純正グリルとの比較です。
明らかに社外品のグリルの方が高級感がありますね♫
あとはフィッティングのみです。これが一番心配なんですけど(^_^;)

完成写真です♫

取り付け自体は問題なかったみたいですがチリだけ少し合っていないようです(^_^;)
ですが僕的にはほとんど純正と違いがわからないくらいで大満足です♫
見た目は高級感が出て押し出しが強くなりました。
小さいくせに威張っている感じです(笑)
そしてやっぱりナンバーレスかっこいいですね!

ナンバープレートをワンタッチで脱着できるように改造

ナンバーレスはかっこいいんですが普段はナンバーを付けないと走れませんよね(^_^;)
ということでナンバーはすぐに取り外せるようにして加工して取り付けです。

どうやってつけるかというと本来ナンバーが付いていた部分の下にある格子状の穴に差し込んで固定できるように改造してもらいました♫
口で説明すると難しいんですがナンバーレスにする時は引っこ抜くだけなので簡単です(^_^)

ナンバーを取り付けるとこんな感じです♫
ナンバーボルトはCRUIZEの水色のタイプにしてもらいました。
何でボディー色が赤なのに水色なんだ!?って思うかもしれませんが(^_^;)
もちろんリアのナンバーボルトも交換しました。


KWのサスペンションで車高が下がってさらにアウディのフロントフェイスのポイントになるグリルを変えたことで大きく印象を変えることができました♫
オーナーの嫁もかっこよくなって喜んでいました(^_^)
ただまだまだやることは山積みです。まぁ楽しい悩みなのでいいんですが(笑)

他にプチカスタムをしたので次回はその記事を書きたいと思います♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA