F355のスペック

フェラーリF355とは

今回は購入したF355のスペックに関して見てみたいと思います♫

スポンサーリンク

F355は1994年5月に発表されました。F355の車名は排気量約3,500cc、5バルブのパワーユニットを搭載していることに由来しています。毎回、車名は一定ではなく何か適当な感じですよね(°▽°)イタリア人らしいっちゃイタリア人らしいけど・・・。

デザインはピニンファリーナで行われています。348と似ているけど実際見てみると結構違います。大きさも現在のフェラーリと比べると小さくてちょうど良いサイズでした♫もう一度F355と同じくらいのフェラーリが発売されたらと思います。ただし、形が台形なので慣れるまでは駐車が難しくて斜めになることが多かったです。斜めに止まっているF355が止まっていても車の形のせいですからね(笑)

Spec
全長4250mm 全幅1900mm 全高1170mm ホイールベース2450mm トレッド前1514mm  後1615mm 車重1350kg
●エンジン ミドシップ縦置き・90度V型8気筒  総排気量3495cc 圧縮比11:1 最高出力 380hp at 8250rpm 最大トルク 37.0kg at 6000rpm DOHC 5バルブ
●パフォーマンス  最高速度295km/h  0-100km/h 4.7秒  0-400m 12.9秒 0−1000m 23.7秒

久しぶりにスペック見ましたけど今だと全然すごくないですね( ;∀;)今、乗っているAMG ML63でも同じくらいの0-100km/h加速です。F355とは比較にならないくらい簡単に性能を引き出せてしまいます。ただアクセルを踏み込むだけでスペック通りの力が出てしまう現代の車。フェラーリは加速するとき恐怖感がありました。事故車だったからかもしれないけど(笑)

ボディタイプはベルリネッタGTSが当初あって1年後の1995年に電動ソフトトップを持ったフルオープンボディのSpiderが追加されました。Spiderのソフトトップもよく壊れたみたいですね。ベルリネッタ、GTSはCピラーの塗装が割れてきましたけど。

あとF355はF1マチックがフェラーリで初めて搭載されました。360モデナはF1マチックでしたがフェラーリの高音を聴きながら運転していると本当にF1を運転してるような気分になりました。発進はうまくしないとガクガクしてダメだったけど。

電子制御式の可変ダンパーも装着してあって「スポーツ」と「コンフォート」の2種類のプログラムが選択できました。結構違いがあったように思うけど今の車ほど大きな変化はなかったです。

快適性でいうとエアコンもよく効きました。効かないF355は壊れていると思います。寒いくらい効きましたから( ^ω^ )それとF355からパワステがついていたのは良かったです。

1999年にF355は生産終了されています。今程度のいいF355は2000万くらいするんじゃないでしょうか(-.-;)
もう一度できることなら所有したい車です✨

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA